便秘薬を常用で便秘を治すことができる?

便秘に悩んでいると、治す方法が分からずに
つい便秘薬に頼りがちになっている方も多いでしょう。

 

便秘薬には大きく分けて2種類あります。

 

@整腸剤
整腸剤は腸内の機能低下が原因の便秘に効果があります。
善玉菌と悪玉菌のバランスを整えて、自然に排便を促し便秘解消へと導いてくれます。

 

A下剤
下剤はひと言でいうと、お腹を下す薬です。
ただ、下剤は更に塩類下剤、膨潤(ぼうじゅん)下剤、刺激性下剤と種類が分かれますので、どの種類が適しているかは薬剤師さんに自分の症状を伝えて選んでもらうと良いでしょう。

 

B浣腸
腸に物理的な刺激を与えることで、強制的に運動させ排便を促します。
浣腸は症状がひどい便秘にも効きやすい特徴があります。

 

便秘薬の常用は便秘を治す方法と言える?

 

便秘薬の常用はやめるべきだという話はよく耳にします。

 

何故なら、便秘薬の目的は「便秘を治す方法」ではなくて「一時的に排便を促すもの」だからです。
ですから、服用し続けていても根本的な解決にはならないのです。

 

便秘薬を常用することで心配されることは以下のことが心配されます。

 

・副作用の心配がある!
便秘薬には激しい複数や吐き気、嘔吐などの副作用の心配もあります。

 

・効果が薄れていく!
しかも、常用を続けていると、便秘薬の刺激に体が慣れてしまってその効果が薄れていくのです。
そうなると、より強い便秘薬を求めるようになるのですが、強い便秘薬は強い副作用も同時に引き起こす可能性が高くなるので、お勧めできません。

 

・便秘薬の飲みすぎは腸の運動を止めてしまう!
便秘薬の用法・用量を守らずに飲み続けていると、腸の働きがどんどん鈍くなってしまいます。
そしてついには、便秘薬の刺激がないと腸が活動しないという状態になってしまうこともあるのです。
ここまでくると、便秘薬への依存度はかなり高いと言えるでしょう。

 

便秘薬を飲むよりも便秘を我慢するべきなの?

 

便秘薬の扱い方を間違えてしまうと、体は異変を起こしてしまいます。
ですが、だからといって”便秘薬は怖いから、これからは便秘を我慢しよう”ということを勧めている訳ではありません!

 

特に女性の便秘は、腹筋が弱かったり、ホルモンで腸の活動を妨げてしまったりということが原因になるので、すぐに解消できない場合があります。

 

便は長く体内にため込んでしまうと、健康に悪影響を及ぼしてしまいますから、便秘薬はとても役に立つものです。

 

つまり、便秘薬はあくまで最終手段として捉えてほしいということは、今回一番に伝えたいことなのです。

 

便秘は生活習慣を変えることで、緩やかではあるものの改善に向かうことがほとんどですから、自分自身の生活を見直すことから始めてみましょう!